カオナビHRテクノロジー総研調査レポートREPORT

2022年7月8日
調査

  ISO30414、人材版伊藤レポート、コーポレートガバナンスコード改訂——。   今、「人的資本」に強い注目が集まっています。岸田文雄首相が2022年1月の施政方針演説で「人的投資が、企業の持続的【続きを読む】

2022年6月14日
調査

2020年6月に施行された改正労働施策総合推進法、通称「パワハラ防止法」は、開始時点では大企業が義務化の対象でしたが、2022年4月に中小企業にも広がり、厚生労働省が定めるパワーハラスメント防止措置をすべての企業が講じなくてはならなくなりました。そこでハラスメントの実態を把握すべく、カオナビHRテクノロジー総研では2022年2月に職場におけるハラスメント経験についてのwebアンケートを実施しました。<後編>である今回は、「ハラスメントを受ける影響」あるいは「実際に受けなくとも、職場で見聞きすることが与える影響」に焦点を当てていきます。

2022年6月10日
調査

1990年代に多くの日本企業に導入されたMBO(目標管理:Management by Objectives)。従業員のモチベーション発揮と企業の利益拡大の両立が目的として、従業員自らが一定期間(年度・半期など)の目標を決【続きを読む】

2022年6月8日
調査

2020年6月に施行された改正労働施策総合推進法、通称「パワハラ防止法」は、開始時点では大企業が義務化の対象でしたが、2022年4月に中小企業にも広がり、厚生労働省が定めるパワーハラスメント防止措置をすべての企業が講じなくてはならなくなりました。そこでハラスメントの実態を把握すべく、カオナビHRテクノロジー総研では2022年2月に職場におけるハラスメント経験についてのwebアンケートを実施しました。<前編>である今回は、「誰が、誰から、どのように受けるのか」に焦点を当てていきます。

2022年6月6日
調査

1990年代に多くの日本企業に導入されたMBO(目標管理:Management by Objectives)。従業員のモチベーション発揮と企業の利益拡大の両立が目的として、従業員自らが一定期間(年度・半期など)の目標を決【続きを読む】

2022年4月11日
調査

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワーク、在宅勤務、リモートワーク等の「出社をしない」働き方(以降、すべての働き方を含めて「リモートワーク」とします)を始めた方も多いのではないでしょうか。カオナビHRテクノロジー総研では、コロナ禍で初めての緊急事態宣言下でのリモートワーク実施率を2020年5月に計測してから、継続的に調査を実施しており、この度2022年2月にも調査を実施しました。

2022年4月8日
調査

「飲(の)ミュニケーション」という言葉が生まれるほど、「飲み会」は大切にされて来ました。新型コロナウイルスの感染拡大前は、お酒の場での事前の根回しや、「職場で叱って居酒屋でフォローする」といったマネジメントなどが日常的に【続きを読む】

2022年3月25日
調査

多様な働き方の実現のため「週休3日」に注目が集まっています。2021年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2021」(いわゆる「骨太の方針」)でも「選択的週休3日制の導入促進」が掲げられ、対応方針を検討して【続きを読む】

2022年3月23日
調査

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワーク、在宅勤務、リモートワーク等の「出社をしない」働き方(以降、すべての働き方を含めて「リモートワーク」とします)を始めた方も多いのではないでしょうか。カオナビHRテクノロジー総研では、コロナ禍で初めての緊急事態宣言下でのリモートワーク実施率を2020年5月に計測してから、継続的に調査を実施しており、この度2022年2月にも調査を実施しました。

2021年7月29日
調査

新型コロナウイルス感染症拡大により、昨年度から引き続き慌ただしい社会情勢となっています。働く人にとっても、リモートワークやジョブ型雇用、またコロナ禍における働く人の心身の健康、一部の業種や雇用形態における失業などにも注目が集まり、大きなあるいは数多くの変化があったのではないでしょうか。今回はコロナ禍の前後で働く人に起こっている変化に注目しました。

最近の投稿

カテゴリ別アーカイブ

年別アーカイブ

<引用・転載ついて>
  • 本サイト記事の引用・転載の際は、必ず「出典:カオナビHRテクノロジー総研」と明記してください
  • Webページなど電子的な媒体への引用・転載の場合、該当記事のURLも加えて掲載ください。
  • 報道関係者様による引用・転載の場合、掲載動向の把握のため、こちらまでご連絡いただけますようお願い致します。

トップへ

トップへ

Copyright © kaonavi, inc.
All Rights Reserved.